オリゴ糖 シロップ 粉末

オリゴ糖ファン

シロップオリゴ糖と粉末オリゴ糖の違いについてまとめています。

それぞれに長所や短所がありますので、目的によって使い分けることで効率よくオリゴ糖を摂取することができます。

健康には粉末、料理や甘味にはシロップタイプ

はてなの夫婦

体に良いと人気のオリゴ糖にはさまざまな種類の物が販売されていて、粉末タイプとシロップタイプのものがあります。

粉末とシロップタイプの違いとそれぞれのメリットとデメリットをまとめていますので、オリゴ糖選びの参考にしてください。

オリゴ糖を摂取するうえで健康を目的にする場合には粉末タイプがおススメです。

自然由来の原材料を使用して、添加物や不純物が少ないのが特徴で、オリゴ糖100%というのも粉末ならではです。しっかり効果を感じたい場合は粉末タイプの物が良いと言えます。

シロップタイプのオリゴ糖はドラッグストアやスーパーでも良く見かけます。

液体オリゴ糖の成分表を見るとオリゴ糖の含有量は商品によって異なりますが、100gあたりのオリゴ糖含有量は10~50%程度となっているものがほとんどのようです。

砂糖や人工甘味料などが使用されていて料理や甘味料に砂糖の代わりに使用されることが多いようです。

オリゴ糖は善玉菌を増やす効果があるので、健康を目的とすれば純度の高い粉末がおすすめで、料理やドリンクなど砂糖代わり使用するにはシロップタイプがおすすめと言えます。

粉末とシロップのメリットデメリットとは?

シロップタイプのメリットとデメリット

シロップタイプのオリゴ糖は種類も色々ありドラッグストアやスーパーで購入できます、比較的安価で容量もあり、液体で溶けやすいため料理や甘味料に使うのに便利です。

一方デメリットはオリゴ糖の配合量が少なく、砂糖や人工甘味料などの添加物が入っていることが多いので健康の為に使用するには不向きです。人工甘味料にはお腹を緩くする働きをするものもあるので、便秘に効果があったという場合も実は人工甘味料のせいだったという場合もあります。

シロップタイプのオリゴ糖の一番のデメリットは添加物ですので、購入の際は何が入っているのかしっかり確認することが大切です。

粉末タイプのメリットデメリット

粉末タイプのメリットはオリゴ糖の含有量が高く、中には100%オリゴ糖というものもあります。善玉菌のエサになるオリゴ糖は量が多ければそれだけ腸の働きに良い効果を得られます。

一方粉末タイプのデメリットは、店頭で販売されているものが少なく通販が主になります。シロップタイプのものより若干値段も高くなるので購入しづらいというデメリットがあります。

粉末オリゴ糖ランキング

健康効果の高い粉末タイプのオリゴ糖でおすすめのものをランキングしましたので、ご参考にしてください。

粉末オリゴ糖1位 カイテキオリゴ

粉末オリゴ糖1位 カイテキオリゴの特徴

カイテキオリゴの特色は、
・いつまでもサラサラで使いやすい粉末オリゴ糖
・純度ほぼ100%の濃いオリゴ糖
・心配な添加物は一切不使用
・6種類のオリゴ糖を混ぜ合わせているのでたくさんの腸内細菌を活性できる。
・初回半額でお得に始められる
・30万人以上の販売実績のある人気商品
・医師から推薦される安心品質
といった点があります。

価格 容量
 定期初回1,419円(税別)  150g(約1ヶ月分)
原材料
 ラフィノース、ミルクオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、乳糖、イソマルトオリゴ糖、ショ糖/環状オリゴ糖、難消化性デキストリン、アカシア食物繊維
備考
 定期コースの2回目以降は最大20%オフで2,270円(税別)。ただし3ヶ月以上の継続が条件。

カイテキオリゴの総評

人工甘味料や保存料など心配な添加物を一切使用せず天然原料100%の粉末オリゴ糖です。オリゴ糖の濃度自体もほぼ100%で、健康効果を期待して飲む方には期待に応えるだけの品質の製品です。特に腸のビフィズス菌はその種類ごとに好みのオリゴ糖があるといわれますから、6種類のオリゴ糖を最適にブレンドしているカイテキオリゴなら様々なビフィズス菌を元気にしてくれます。

粉末オリゴ糖2位 はぐくみオリゴ

粉末オリゴ糖2位 はぐくみオリゴの特徴

はぐくみオリゴの特色は、
・溶けるようなフワッとした感覚の粉末オリゴ糖
・純度100%で完全無添加
・5種のオリゴ糖を配合しており、多くの腸内菌にアプローチ
・10日間の返金保証つき
といった点があります。

価格 容量
 税込3,680円(送料300円)  150g(約1ヶ月分)
原材料
 ガラクトオリゴ糖、キシロオリゴ糖、ラフィノース、フラクトオリゴ糖、乳果オリゴ糖
備考
 定期コースは初回1,840円(税込)。いつでも解約可

はぐくみオリゴの総評

かわいいパッケージは妊婦さんにも人気で、完全無添加なので安心して続けられる製品です。5種類の濃密なオリゴ糖がブレンドされており、腸を元気する効果の点でも評価の高い商品となっています。

粉末オリゴ糖3位 どっさんこオリゴ便

粉末オリゴ糖3位 どっさんこオリゴ便の特徴

どっさんこオリゴ便の特色は、
・粉末の2種類のオリゴ糖加えて乳酸菌入り
・スッキリの実感95.3%
・アカシア樹液由来の食物繊維も配合されていてさらにスッキリ効果倍増
・天然素材のみで人工的添加物は不使用
・7日分のお試しセットあり
といった点があります。

価格 容量
 税別1,000円  約14g(約7日分)
原材料
 フラクトオリゴ糖、ミルクオリゴ糖、食物繊維、すんき漬け由来乳酸菌(植物性乳酸菌)
備考
 定期コースは3,241円(税抜)となります。

どっさんこオリゴ便の総評

2種のオリゴ糖+乳酸菌+食物繊維というトリプルパワーで腸内環境にアプローチできる製品です。特に便秘の予防や対策を重視する方には試してみる価値のある仕様でつくられています。

オリゴ糖が便秘に効くのはなぜ?

オリゴ糖 シロップ 粉末

オリゴ糖が便秘の予防に役立つと聞いてどんなオリゴ糖食品が良いのか探しておられる方も少なくありません。

オリゴ糖は「プレバイオティクス」と呼ばれる働きをもっており、善玉菌を活性化させて腸内環境を整えることで便秘の予防に役立ちます。

似た表現で「プロバイオティクス」という言葉をお聞きになったことがあるかもしれませんが、これはヨーグルトなどに含まれる乳酸菌が生きたまま腸に届き、腸内環境を良好にする働きのことを指しています。

「プレバイオティクス」「プロバイオティクス」、どちらも乳酸菌の働きを高めることで、乳酸菌(ビフィズス菌)が腸内にたくさんの酸を産生するようになり、それが腸の運動を刺激してお通じの改善に役立ちます。

また腸管内に酸が増えると、それを希釈しようとして水分が呼び込まれるため、便も軟らかくなって、それも便秘の解消に役立つというわけです。

オリゴ糖は善玉菌のごちそう

オリゴ糖 シロップ 粉末

なぜオリゴ糖を摂取することで乳酸菌が活発になるかというと、オリゴ糖は乳酸菌にとって大好きなごちそうなのです。

同じ糖分でもショ糖(砂糖)は、胃や小腸で消化吸収されしまいますが、オリゴ糖の中でも難消化性タイプのものは胃腸で分解されずにそのまま大腸に届きます。

そして、特に大腸に多く棲息しているビフィズス菌の餌になるというわけです。

栄養をしっかり摂ると元気になるのは人間も乳酸菌も同じみたいです。

オリゴ糖をたっぷりと吸収したビフィズス菌は乳酸や酢酸をたっぷりと作り出して自分たちの住みやすい環境をつくっていきます。

そのため、ビフィズス菌がどんどん増殖していき、逆に悪玉菌といわれる腸の働きを停滞させる細菌は減少していきます。

こうして徐々に便秘の起こりにくい環境が出来上がっていくというわけです。

ビフィズス菌の好きな食べ物は十人十色

オリゴ糖 シロップ 粉末

人間でも好きな食べ物は人それぞれ違う場合があります。

ある人には「寿司」がごちそうでも、別の人は「ステーキ」と答えます。「カレーライス」や「ラーメン」を一番ごちそうと考える人もいます。

同じように善玉菌にも何十もの種類があり、それぞれにオリゴ糖の好みがあるようです。

フラクトオリゴ糖が好きな善玉菌もいれば、ガラクトオリゴ糖が好きという善玉菌もいるという感じです。

それならということで、粉末オリゴ糖の中には何種類ものオリゴ糖をブレンドしたものがあります。

そのようなタイプであれば、一度に様々な善玉菌を喜ばせることができますから、腸内環境に対するプラスの効果も一層期待できそうですね。

粉末オリゴ糖の1番のおすすめはカイテキオリゴ

ハッピーな夫婦

幾つかの粉末タイプのオリゴ糖をご紹介してきましたが、個人的に1番お勧めなのがカイテキオリゴです。

カイテキオリゴには6種類のオリゴ糖が配合されていています。

オリゴ糖には種類によって善玉菌との相性が違います。腸内細菌は多様な種類が存在しているため、オリゴ糖の種類がたくさん配合されているものは、それだけ腸内環境を整える効果が高まるということになります。

カイテキオリゴはヨーグルトやドリンクに混ぜてもOKです。毎日簡単に摂取することができるのでとてもおすすめです。

カイテキオリゴについての詳細は以下をクリックして公式サイトでご確認ください。

↓ ↓ ↓

カイテキオリゴの公式サイトこちら

Copyright© オリゴ糖ファン , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.